僕たちの責任

元気ですか?
アントニオ猪木が
被災地を訪れ
悩んだらしい
名取の避難所に
歌いに行ったとき
同じ気持ちだった

今日は岩沼の市民会館の避難所でミニコンサート
時間ギリギリに着くとこどもたちが最前列で待っていた
避難所というよりも合宿のように賑やかで明るい
前回とは全く違う
そして避難所の回りはというと
大震災以前とほとんど変わらない賑わいの町があった
市民センター機能も残した避難所
南三陸や北上は被災地の中に避難所があり
その回りにあるのは津波によって切り刻まれた残骸だけであった
いつまで続くのか?みんながそう思っている
だけど答えを出してくれる人は誰もいない
時間が止まった人達
未だに夢であったと信じたいおとな達
でも元気なこどもたちがいるうちは弱音を吐いてはいられない
僕だってそうだ!
未来への僕たちの大切な種を守る、育てる
それが僕たちの責任

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

僕たちの責任 への2件のフィードバック

  1. maki より:

    お疲れ様です。
    今日、「あすという日が」という歌を知りました。
    とても素敵な歌です。
    避難所だけでなく、あちこちで大変な思いをし、頑張っている多くの皆さんに聴いて欲しい歌です。
    海ちゃん、できたらぜひ、この歌を避難所の皆さんに届けてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中