物差しの違い

身の丈
物差し
ほどほどに
身分相応
振る舞う
今までの常識

「みんな違ってみんないい」って言葉がある
小さくても大きくても
すべてを感じ生きていければ素晴らしい
すべてを感じ
きれい、かわいい、いい香り・・・
逆もある
でもなかなかそうはいかない

自然に手を触れ共に生きるようになった
いや自然を相手に生きるようになってきた
環境と物差しの違い

ブナの森を再生する
広葉樹を植える
都会に身を置いていたころに感じていた理想の山
でも・・・

将来に向けた投資
儲からないから・・・・
先人たちの想いはそんな理由で消え去ろうとしている
荒れ果てた山

先人たちが切り開き、石を拾いた大地
祖先の想いとはうらはらに大地から離れていく子孫たち
荒れ果て朽ち果てる町並み

大地を守る義務は憲法に規定されていない
納税の義務
公助を求める国民が多いせいで
税負担が増える
公務員はサラリーマンと同じ感覚
国民に対する想いが頭から欠落してしまった

言うのは易し
行政の壁を取り払い、職員を集落それぞれに配置する
それは素晴らしい公約だった
現首町が再選され2年が経過したが何も変わらない
威勢は良かったが
元職が立ち上げた事業を廃止しよちよち歩きで一期目を終了
再選、お決まりの町再生ビジョンづくりを立ち上げ
実行のための三選に挑むというストーリー
自分のための就職活動

彼が初選の公約通り実行していたら・・・
7つの集落に職員を配置し、職員たちが町民と共に傍楽(働く)
全国の過疎地の行政サービスのモデルとなっていただろうに・・・

このように地縁血縁の体質が全国で繰り返される限り
消費税どころかあらゆる税が我々国民から吸い上げられていくだろう
残念ながらそのような地域に維新の会のような風は届かない

数で押され取り残されていく農山漁村たち
しかしながら自らがこれまで税金にどぶづけにされてしまった結果である
政治活動が禁止されているNPO法の中で
陰口となっている住民の行政に対する不満を
実現するためのハードルは高いが
やらなければならないこと、あきらめないで

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中