55歳の夏

8月第一回目
ありゃ―(@_@;)

子どもたちの夏休みが明けて今日から学校
僕の方は9月開始の事業前
スケジュールは詰まっていないけれど
やっておかなければならない仕事がたくさんある

僕の中での費用対効果
時間を何の為にどのように使うか!

この町でピザ屋さんを始めた頃は
ピザ屋さんのオーナーシェフという毎日
朝起きてお店に直行、お店が終わればお家に帰る
のこぎり生活
コツコツコツコツ頑張ったけれど
マーケットの無い町で
冬の4か月はさらに厳しかった

震災以降、僕の軸足は自分ではなく
自分以外に向いていった
あれから2年半になろうとしている

震災からの復興、過疎地の活性という目標が
人材育成、森づくりへと変わり
七ヶ宿がそのフィールドとなる
55歳の夏が忙しく過ぎた
人生の中で一番忙しい夏だったような気がする

この町と関わり
森づくりは水づくりという言葉と出会った
水守の郷七ヶ宿という町のキャッチフレーズがあった
しかし実際のアクションはあまり存在しなかった

七ヶ宿町に来ていろんな人と関わりあった
小さな町だからいろんなことが見えてくる
聞こえて来る
長いものに巻かれない
目の前の事実と向き合い毅然と歩んできた6年

やらなければならない事がはっきりし
出来る事が見えてきた
そして、やる人がこの町にいないことも現実だ
民も公もない
やらなければならないことは
誰かがやらなければならないし
その為に必要なのが同志

ひとりで出来ることは限られていたけれど
コツコツ頑張ってきたお蔭で
同じように考える仲間が集まるようになってきた
継続により僕の活動に対する関心も高まってきた
大きな実はいらないから大切に育てていこう!

そんな想いを55歳の秋に向け呟いてみたよ
秋は益々忙しい
実をつける季節だからね

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中